FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上棟

ついに。。。

上棟しました! 感激です!

IMG_0216.jpg


特選一等が目立っています!
ご近所でも豪邸と評判に。。(笑
うちの近所は地主さんが多く、
本物の豪邸が結構多いので、冗談半分です。

IMG_0217.jpg


我が家のメインビームです。
梁成(はりせい=梁の高さ)300mm

IMG_0224.jpg


3間(5.5mぐらい)の長いやつです。

IMG_0225.jpg


鳶って格好いいなぁ~!
って思いました。

IMG_0229.jpg


リビングの見せ梁を取付中です。

IMG_0231.jpg


監督がもくもくと水を出してくれています。

IMG_0232.jpg


2階床の根太です。
なんとなく根太が好きになってしまいました。
監督もネダレスより根太のほうが好きだそうです。

IMG_0243.jpg


2階の段取りに入りました。

IMG_0245.jpg


クレーンで2階の材料を上げています。

IMG_0247.jpg


結構高いなぁ~
あそこまで上がると怖いかも。

IMG_0249.jpg


リビングの見せ梁

IMG_0277.jpg


E139 ウルトラ木曾ひのき (勝手に命名)

IMG_0278.jpg


E160 まぼろしの木曾ひのき(笑

IMG_0281.jpg


母屋まで出来ました。

IMG_0284.jpg


棟木が取り付けられました。
通常はベイマツですが、特注で木曾ひのきに替えました。
木曾ひのきの家って看板なので。。。
棟木は木曾ひのきにしたかったというこだわりです。

棟木の4面に、1面ずつ家族4人(+猫の足跡)で言葉を書きました。


IMG_0252.jpg


我が家の大黒柱にあたるところで、
上棟のお祈りをしました。

IMG_0262.jpg


四方と玄関を日本酒でお清めします。
南東、南西、北西、北東、玄関と回りました。
3回、日本酒をかけます。

靴にはねた日本酒は、早めに拭き取らないとシミになります。
(私はシミになりましたが。。。いい思い出です 笑)

IMG_0263.jpg


失敗したところ

かなり神経を使って、構造体をチェックしたんですが、
この駆体内換気の為の切り欠きをチェック出来ませんでした。
プレカット図にも記載されておらず、
工事監督も「あ~」って感じです。

プレカットのオペレータに任せっきりで、
チェックする体制が無いのでこういう事態が発生します。

空気を通すための切り欠きを、
何もこんなボルト穴のすぐ近くに明ける必要ないだろ~
我が家の北東の角
階段なので床が無く、地震の時に力が集中しそうな雰囲気
なんかで補強しなきゃな~

IMG_0240.jpg


これは問題外!
梁つなぎの短冊金物のとこに切り欠き作るなんて。。。

マヂで交換して!
って言い出してもおかしくない事態です。
2箇所あって、1箇所は筋交いのある耐力壁の中です。
耐力壁の中のつなぎは原則NGが軸組のセオリーです。
しかしながら、他に良い繋ぎどころが無かったので、
ここでOKとし、繋ぎ箇所の補強には細心の注意を払うように
お願いしていたのに、この切り欠きですから。。。

継手を設けると、
その部分の強度は1/10に低下すると言われています。
そんな弱いとこに切り欠き作るなんて、マヂ意味不明!
切り欠き作ったら、補強金物のビス効かないのぐらいわかるでしょ!

http://reihoku-skeleton.com/reihoku_skeleton/kouzou.html
http://www.pref.miyagi.jp/ok-doboku/G_kenchiku/%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%82%89pdf%E7%89%88/kawara77-0711.pdf


実際のところ
建て方が進行している状況では、
どうしようもないので、そのまま進めましたが、
どのように処理をするのか、しっかりチェックします。

これから建てる人のためにも、
今後、こういうことが起こらないように、
どのように改善していくのか、会社としての回答を要求します。


IMG_0242.jpg


見せ梁に根太ボンドが垂れて拭き取ったけど、
微妙に痕が残ってます。

まぁ。。直せると思うんでいいけど、
こういう事態が想定されるんだから、
見える部分はキチンと養生しなきゃ駄目だよ!

次のおうちの教訓にしてください。

IMG_0244.jpg

追記:その後

コーナーの通気用切り欠き

これは木片で埋めてもらいました。

接着材には構造用集成材に使用されるものを指定

上下の間柱を切り欠いて、通気を確保することにします。

IMG_0451 - コピー

コーナー用の補強金物も追加

tanaka-54-main.jpg

継手位置での通気用切り欠き

L=335の長い短冊金物で対応することにしました。

tanaka-56-main.jpg

あんまりスッキリしないけど。。。

名案が浮かびません。



ボンドの痕の修正にはまだ着手していません。

やってくれるって言うんだけど、

自分たちでやったほうが納得できる気がしてます。



もろもろミスもありますが、

監督は最善を尽くそうと、一所懸命対応してくれるので、

なんとかあと3ヶ月 一緒に頑張ろうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
タグ

もりぞう 換気 フローリング  木曾ひのき 発電 ハウスメーカー シロアリ 北側斜線 仕様 見積 断熱 契約 金額 雪止め 防火 屋根勾配 防音 勝手口 コンセント 排水 収納 雨どい ロールスクリーン 耐震設計 除湿 

リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。