FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防火仕様

先日、防火のことを少し書かせていただきました。

防火、準防火、法22条地域

東京都内(23区内)では、すべての地域が防火か準防火地域に指定されているそうです。

延焼ライン

 隣地からの距離
 1階は3m以内で2階は5m以内

都内で家を建てるにあたり、隣地から5m以上離すというのは、なかなか難しいので、多くの人がこの延焼ラインの適用を受けることになると思います。


もりぞうの場合、防火規定の影響を受けるのは、

1. 棟換気材
2. 換気フード
3. 軒天
4. 軒天換気材
5. 窓


1. 棟換気材

もりぞうでは、防火地域では棟換気材は付けないのが普通だそうです。

 えっ! そりゃないだろ。。。

どうも小屋裏の換気について、設計が甘い気がする。

グラスウールを210mmブローイングすると言っても、ふんわりと降り積もらせてるだけ。
真夏の小屋裏は60℃以上になるとも言われています。
今の家にも、小屋裏収納がついているので、その暑さは体感済みです。

小屋裏の換気は、軒天の換気材で確保するってことみたいです。

風があれば軒天からの換気も機能するけど、風の無い日はどうなるの?
むしろ、風が無いから暑いのに。。。

そんな訳で、棟換気は絶対にあったほうがいいので、防火タイプの棟換気材を付けて貰うことにしました。

 タニタ ハウジングウェア 棟まどS形

2. 換気フード

防火ダンパー付にする必要があって、1箇所 2000円~3000円程度の増額になります。

3. 軒天

通常、6mmのケイカル板が12mmになります。
金額的には、大したことないです。

4. 軒天換気材

我が家は高度規制の関係で、軒の出が300mmと短くなっています。
300mmと言っても、柱芯からですから、外張り断熱のネオマフォームの厚みを入れると、軒は無いようなものです。
軒がしっかりあれば、穴あきの軒天ボードが使えるようですが、我が家では、公庫基準の換気量を確保するために全周に防火通気見切りを使用することになりました。

これが結構高くて、10万円以上かかります。

防火じゃなくても、通気見切りが必要なんだから、こんなにかかるのおかしいでしょ?
って聞いたんですが、防火じゃなければ、とってもお安い通気見切りが使えるので。。。。
ってことみたいです。

小屋裏の換気性能は重要視したいんで、しょうがないか。。。

4. 窓

これが悩みの種。。。

次回。。。別項目にて窓の問題を紹介させていただきます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
タグ

もりぞう 換気 フローリング  木曾ひのき 発電 ハウスメーカー シロアリ 北側斜線 仕様 見積 断熱 契約 金額 雪止め 防火 屋根勾配 防音 勝手口 コンセント 排水 収納 雨どい ロールスクリーン 耐震設計 除湿 

リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。