FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排水用通気弁

高気密住宅においては、排水設計も重要です。
特に第3種換気を採用する場合には、室内の負圧が高まるので、水が抜けにくくなることがあります。

http://www2.maezawa-k.co.jp/basic/design/jindex.html

前澤化成工業さんからの引用

通気管は、排水管内の排水の流れを円滑にする、またはサイフォン作用、および負圧からトラップの封水を保護することと、排水管内に新鮮な空気を流通させて、排水管路内の換気を行うことを目的とし施工します。2階以上の建物、共同住宅等、複数の排水設備器具が設置される場合は、各々単独で配管する場合の他は、誘導サイホン作用が生じやすく、封水破壊の恐れがあるので、有効な通気方式で通気管を設けるものとします。

要するにキチンと通気口をつけないと下水臭くなるということ。

古いビルのトイレに入ると下水臭いことがあります。
換気扇を回すと、トイレの負圧が高まり、掃除のために床についている排水口から下水の臭いを引っ張ってるんだと思います。

自宅であの臭気には遭遇したくない。。。


家を建てよう思ってから、よその家が気になります。
いろんな家を眺めていると、トイレの配管とおぼしきものが外に出ている家がけっこうあるのに気付きました。
そのトイレの配管のてっぺんに煙突みたいなのがついているのが気になって、「こりゃなんじゃろ?」と調べたら、どうやら通気口らしい。

もりぞうの現場見学で見せてもらった家では、外にトイレの配管が出てなかったので、我が家もトイレの配管を外に出すことはないと思いますが、少し気になる存在。

排水管を室内に設ける場合は、排水用通気弁というものをつけるようです。

通気番
pt22.jpg
pt23.jpg

室内側からの空気は通して、トラップの封水を守り、排水管側からの空気は通さずに臭気を入れないという仕組みで、結構大切な装置だと思います。

洗面やシンクにつけるタイプもあります。


スポンサーサイト

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
タグ

もりぞう 換気 フローリング  木曾ひのき 発電 ハウスメーカー シロアリ 北側斜線 仕様 見積 断熱 契約 金額 雪止め 防火 屋根勾配 防音 勝手口 コンセント 排水 収納 雨どい ロールスクリーン 耐震設計 除湿 

リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。