FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約

3月26日

ついに契約しました。
もりぞうで建てることが正式に決まったのです。

かなりの予算オーバーですが。。
外食とか、飲みとか、コンビニでの無駄遣いを減らせば。。。
なんとかなるかな~って。。。

思い切ってしまいました。

予算オーバーの理由。。。

 1.準防火地域のため +83万

 2.屋根付きバルコニー工事で +112万 

 3.デザイン玄関とバルコニー柱で +44万

 4.24時間換気システム変更で +62万

 5.1階 防犯ガラス仕様7箇所で +21万

 6.手動シャッター仕様5箇所で +31万

 7.ストリップ階段仕様で +70万 

 8.2階にお風呂仕様で +10万

 9.給湯器変更で +14万

10.リビング天井 梁あらわし仕様で +13万

なんと。。。 460万円 UP

う~ん。。。

昨日は勢いで契約してしまったが。。。


準防火地域っていうのが、かなり効いています。

窓ガラスは網入りにして、外張り断熱材の内側にダイライトを張る。

 +83万円かぁ。。。

ダイライトを張るのは、耐火性能UP、耐震性能UPで歓迎ですが、網入りガラスは、、、すごく嫌いなんです。

正面の大きな窓、5箇所だけは網入りにしたくないが為に、シャッターをつけることにしました。(防火性能のあるシャッターをつければ網入りガラスにしなくてOK)

 +31万円

準防火地域が原因で、+114万円ということになります。

我が家は空き巣に入られたこともあるので、防犯ガラスによる+21万円も仕方なしというところかなって思います。改めて振り返ってみると、シロアリ雨漏り空き巣の3つを経験していることに気づきました。窓が多すぎて耐震性に難ありというもの。。

今回、家を建てるにあたって
家内と話し合って固まってきたイメージ

構造

1.外観は流行にのらずに、10年経っても古臭くならない
  普遍的なデザインにしよう!

   いつまで、いい家を建てたなぁ~って眺めたい

2.屋根は出来るだけシンプルに!

   雨漏りのストレスと無縁でいたい

3.耐震性にこだわろう!

   今の家がL字型で、回るように揺れるので、
   長方形の総2階で、四隅に窓は配置しない。

この3つにこだわりました。

間取り

常に家族を感じられる家

 ・1階は間仕切りを減らして、どこにいても目が届くように
 ・リビング階段
 ・2階の個室は狭く、中央に配置したセカンドリビングを広く

デザイン

そんなイメージが固まってきた頃に、もりぞうのパートナーである一級建築士のT氏が提案してくれたプランは、シンプルで普遍的な魅力を感じさせるデザインでした。そのデザインのポイントである玄関とバルコニー、ストリップ階段に226万円の追加費用を払うことで、私たちだけのオリジナリティーを表現しよう!
(高いけど。。。)

第2種高度規制によって北側の高さを制限されるため、天井を高くとれない(天井高2500mm)から、リビングは梁を表して、少しでも天井高を稼ぐ。。。これも外せないなぁ~

という訳で。。。
予算オーバーですが、こだわりの家が建つはずです。。。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
タグ

もりぞう 換気 フローリング  木曾ひのき 発電 ハウスメーカー シロアリ 北側斜線 仕様 見積 断熱 契約 金額 雪止め 防火 屋根勾配 防音 勝手口 コンセント 排水 収納 雨どい ロールスクリーン 耐震設計 除湿 

リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。