FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断熱材も色々。。

もりぞうの断熱材について(SMART次世代)

外張り断熱材

 ネオマフォーム 40mm
 熱伝導率 0.020

基礎断熱材

 パフォームガード 60mm
 熱伝導率 0.034

天井裏断熱材

 グラスウール18K ブローイング 210mm
 熱伝導率 0.052


特に問題無いと思ってますが、天井断熱材について変更出来るのかを確認しています。

パーフェクトバリア

なんだか怪しいネーミング。。。 ちょっと不安

・ペットボトルのリサイクル品であること
・チクチクしない

このあたりに魅力を感じます。

気密シートで仕切られてるとは言え、天井裏にふり積もらせるなら、チクチクするガラス繊維よりフリースと同じ素材の方がいいって思うのは当たり前のことだと思います。

熱伝導率は13Kで0.042

13Kとか18Kっていうのは密度
1立法メートルあたり13Kgとか18Kg

数字が高いほうが密度は高いけど、当然重くなる。
18Kのグラスウールを210mmブローイングしたら、1平方メートルあたり3.78Kgで20坪の天井に施工した場合は250Kgになる計算です。

パーフェクトバリアのほうが熱伝導率がいいので、同じ断熱性能をもたせようとすると170mmの厚みでブローイングすれば良いことになり、13Kなので1平方メートルあたり2.21Kgで20坪の天井に施工した場合は146Kgになる計算です。

100Kg程度のダイエットになる計算ですが、あってるかな?

逆に250Kg分をブローイングすると290mmとなり、170mmで施工した場合の1.7倍の厚みとなり、断熱性能もかなり上がるんじゃないでしょうか?

290mmも吹き込めないかもしれないけど。。
210mmにしても1.2倍の断熱性能で、28%の軽量化
しかもチクチクしない。


ブローイングの断熱材は他にロックウールやセルローズファイバーがあります。

ロックウール ブローイング
 熱伝導率 0.040~0.047
 25K~35K 重いですね。

施工単価を載せているところがありました。
http://www.hakusige.co.jp/woody_mart/insulation/hukikomi.html

セルローズファイバー ブローイング
 熱伝導率 0.040~0.044
 25K~30K これも重いですね。


ここのHPを参考にしました。↓↓↓

http://www.dannetsu-s.co.jp/blowing/
http://www.dannetsu.jp/cellulose/adiathermancy.html

YouTubeでパーフェクトバリアの施工風景を見ましたけど、あんなスカンスカンで断熱性能あるのかなって思いました。。。
どうなんでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
タグ

もりぞう 換気 フローリング  木曾ひのき 発電 ハウスメーカー シロアリ 北側斜線 仕様 見積 断熱 契約 金額 雪止め 防火 屋根勾配 防音 勝手口 コンセント 排水 収納 雨どい ロールスクリーン 耐震設計 除湿 

リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。