FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎コンクリート

さて。。。

2012年です。

いよいよ家造りが現実味を帯びてきました。

同じ町内に仮住まいも見つけました。

我が家には猫がいるので、条件が厳しかったのですが、

娘の友達のお母さんから紹介を受けて、

古いけどしっかりした作りの一軒家を借りることができました。

しかも倉庫付!

建て替えにぴったりの物件で、年末に空いたばっかり。

ご縁に感謝。。感謝。。


経費節減のため、引っ越しも自分たちでやります。

年末から少しずつ荷造りをして、

通常のゴミ回収で出せるゴミを少しずつ出して。。


さて!

今まで以上に真剣に取り組む家づくり!

まずは、基礎コンクリートについてしっかり考えます。


放射性物質

コンクリートの材料であるセメント

政府からの要請で、

セメントは100Bq/Kg

生コンになる場合は200Bq/Kg

(生コンはセメントが2倍以上に希釈される)

セシウムを含んだ脱水汚泥を原料として、

受け入れています。

http://www.jcassoc.or.jp/cement/1jpn/110728.html


どうしようもないなら。。。

せめてキチンと管理しているところのを使いたいですね。

担当営業K君と工事監督Iさんに要望中です。


コンクリートの品質

コンクリートについて調べてみると、

強度とスランプっていう項目がありました。

そう言えば。。。

昔、公園にポール時計をつけた時に生コン屋さんに

「240キロでスランプ18」とか頼んだ気がする。。。

今は、キロじゃなくてN(ニュートン)って単位です。

住宅金融公庫の基準にもあり、

冬は27Nで、それ以外の季節は24Nが一般的のようです。

スランプは18が一般的です。

スランプ試験は、現場で、コンクリートの硬さを調べる試験で、

割と簡単に出来そうです。

更に調べると、

水セメント比率っていうのがあります。

これは、水とセメントの比率ですが、

65%以下が必須ですが、55%程度にすると、

強度が期待できるようです。


施工

数値上はいい品質の生コンでも、

施工がしっかりなされなければ意味がありません。

先行モルタルとか、バイブレータとか、

ググってみることをお勧めします。

バイブレータは、コンクリートの中に振動棒を入れて

気泡を抜くものですから、特に重要です。


打ち継ぎ


ベタ基礎を打つには、

底盤と立ち上がりを別々に作業する打ち継ぎと、

一緒にやってしまう一体打ちがあります。

参考にさせていただいてるもりぞうOBさんの地域では

一体打ちで施工されたそうですが、

私たちの地域では、打ち継ぎだそうです。

一体打ちのほうが、継ぎ目がないので、強度がありそうですが、

寸法精度などは、打ち継ぎに軍配があがりそうです。

打ち継ぎでも、レイタンス処理をきちっとやって、

接着材を使えば大丈夫だと判断しました。

そう言えば。。

これも昔ですが、

箱抜きした駆体にアンカーを埋める時、

モルタックとかレヂメントなんて言うものを塗ってから

モルタルで埋め戻しをしました。

こういうの使って施工してもらおう。

しかし。。型枠にくっついちゃうと厄介だな~

止水材ってのもあるみたいだから、どっちがいいのか聞いてみよう。



レイタンスっていうのは、表面に浮いてくるアクのようなもの

ベタ基礎の底盤にアクが浮いた状態で、

立ち上がりを打設したら、そこのくっつき弱いですよね。

基本の基本だそうですが、

ついつい手を抜いてしまう部分でもあります。


配筋検査

これはもりぞうを信用して大丈夫だと思いますが、

興味があるので、立ち会わせてもらおうと思います。


防水、シロアリ対策


基礎には意外なほどたくさんの穴が空いています。

現場見学してそう感じました。

配水管とか、水抜き穴とか。。。

これも作業には立ち会わせてもらおう。


打つ?


コンクリートって「打つ」って言いますが、なんで?

バイブレータが無かった時代は、

打って気泡を抜いていたからだそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

検索フォーム
タグ

もりぞう 換気 フローリング  木曾ひのき 発電 ハウスメーカー シロアリ 北側斜線 仕様 見積 断熱 契約 金額 雪止め 防火 屋根勾配 防音 勝手口 コンセント 排水 収納 雨どい ロールスクリーン 耐震設計 除湿 

リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。