FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場見学

建築中の現場を見学させてもらいました。

木曾ひのき4寸は。。。やっぱり迫力あります。
米松の梁もいい感じです。

2階の根太は「彫込」とか「渡りあご」という工法で、梁に根太を喰い込ませている上、火打梁もしっかり入っているので、根太レス工法よりも安心感があります。

工事監督のU氏に色々と教えてもらいましたが、任せて安心感があり良かったです。
担当営業K君ももう少し技術的なことを勉強しなさい。(笑

新たにゲットした情報は、

玄関の框(かまち)の高さは180mm
サッシの納まりはクロス巻き込み

クロス巻き込みは結露に弱いという情報もありますが、もりぞうのSMART次世代で採用されるアルプラ(アルミとプラスチックの複合)サッシであるマディオJは内側の枠が樹脂なので結露がクロスに伝わることが無いそうです。(工事監督U氏談)

ただ、我が家は1階は漆喰にしようと思っているので、その場合は、サッシの枠部分の納まりが悪いかもしれないということがU氏から聞けました。
スポンサーサイト

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

木曾ひのき柱

さてさて。。。

仮住まいへの引っ越しもあと一週間とせまり。。

ワクワクしています!



ワクワクしすぎて。。。

木曾ひのきの柱を数えてしまいました。(笑

 1階 46本

 2階 39本

うち、4隅の4本は通し柱(1階と2階で切れてない柱)です。

2階の柱と1階の柱の位置関係もチェックしてみます。。。

39本のうち、4本は通し柱で、残りの35本のうち、

32本は1階の柱と同じ場所に立ちます。

柱の直下率は92.3%ということになるのでしょうか。。。




勝野木材からやってくる木曾ひのき柱には、

1本1本、ヤング率と含水率が印字されているので、

全部、記録に残しておこうと思います。

柱

↑ こんな感じ

ヤング率  109
含水率    16%


テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

ヤング率と含水率の実際

今日は上棟でした!

棟梁+応援の大工さん4人
今日は鳶として参加してくれた基礎屋さん2人
7人で上棟してくれました。

基礎屋さんの能勢工務店さんは、
本当に気持ちいい仕事をしてくれて。。。
外構の土間も是非!
能勢さんに施工して欲しいってお願いしました。


さてさて。。。

もりぞうで建ててみようと思う人が、

このブログを目にされたら、

実際のとこ、

もりぞうの木曾ひのきのヤング率ってどうなの?

って興味があるんじゃないでしょうか?

工事監督の心配そうな目をよそに、

登って調べちゃいましたよ!

真壁の柱や通し柱には表示が無かったので、

全部は調べられませんでしたが、

61本のデータをとりました。



発表です!

平均値 E115 D15

ヤング率は115で、含水率は15%

ヤング率の最低は85 最高は160

含水率の最低は18 最高は11(含水率は低い方がいい



ヤング率の方がバラついています。

80~89    1本
90~99    2本
100~109 18本
110~119 19本
120~129 17本
130~139  3本
140~149  なし
150~159  なし
160~169  1本

上記の数字からみると、
100~129までの範囲に89%が入っています。

それ以外のとこの数値

85,95,98,131,134,135,160

85はちょっと低いなぁ~って思います。

160は、えっ? 高過ぎやろ?



調査結果の結論

木曾ひのきの柱は、ほとんどがE100~129である。

5%が100を切ることもある。

そんな感じだと思います。


追記:

個人的な感想ですが。。。

やはりスーパー木曾ひのきとして仕様に載せるものならば、

一般的な桧よりヤング率が低いとなると、

なんか損した気分になります。

一般的に、桧のヤングは90程度

今回は85のものが1本だけありましたが、

もし何本もあったりすると、あれ? おかしいんじゃないの?

って思うような気がします。

現状では、かなりばらつきが有り、

運が悪いとそういう目に遭いかねません。

年輪を見ても、目がつまっているのと、そうでも無いのがあるのが、

はっきりわかります。

目が詰まっているのが木曾ひのきだと宣伝するなら、

木曾で育ったとしても、一般品と同じようなものは、

特選一等とすべきでは無いと考えます。

IMG_0217.jpg


E85が木材として不良だとは言いませんが、

木曾ひのきに期待するイメージとは違いますよね。

逆にE160の奇跡の1本については、

正直、もったいない!

適材適所。。。

木曾ひのきのブランドを大切にしたほうが、

勝野木材も、もりぞうも、施主もハッピーになれる。

そんな気がします。



そこで、提案です。

E100以下のものは「木曾ひのき」

E100~129までを「スーパー木曾ひのき」

E130~149までを「ウルトラ木曾ひのき」

E150~を「まぼろしの木曾ひのき」

みたいな(笑



もりぞうもある程度のラインナップを求められているようです。

同じところでとれても、ばらつきがあるなら、

等級付けをきちんとすべきだと思います。


正直、偶然に我が家にやってきたE160君は、

もったいない!

君は寺社仏閣に行くはずの木だったんじゃないかな?


人知れず、サイディングの中で身を潜めて、

我が家の玄関ポーチに佇んでいるのも素敵だけど、

堂々と真壁で、

「この木曾ひのきヤング率160もあるんですよ!」

と言う喝采を浴びるべきだったんじゃないだろうか?

IMG_0281.jpg


担当営業のK君が、お客さんを我が家に案内するたびに、

ここに入ってる木は、E160だったんです!

って言わせよう(笑

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

土台敷き

上棟の感激を伝えたくて、

土台敷きのことを飛ばしてしまいました。。。(^^;

シロアリ返しの役目をする土台ガードEXをまず敷きます。
その上に気密パッキンです。
黒い2本の線がゴムパッキンになっていて、
土台と基礎の僅かなすきまを塞いでゆきます。
長めのシートは上に巻き上げられて、
気密の役目をします。

IMG_0184.jpg


土台のアンカーの穴は、プレカットじゃ無くて
現場で明けるんだそうです。
知らなかった。

IMG_0186.jpg


『いの一番』の語源です。
ここから建て始めるからだそうです。

IMG_0194.jpg


土台(木曾ひのき)
大引き(ベイマツ)

結構色が違うのがわかります。

IMG_0195.jpg


雨養生です。

IMG_0204.jpg

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

上棟

ついに。。。

上棟しました! 感激です!

IMG_0216.jpg


特選一等が目立っています!
ご近所でも豪邸と評判に。。(笑
うちの近所は地主さんが多く、
本物の豪邸が結構多いので、冗談半分です。

IMG_0217.jpg


我が家のメインビームです。
梁成(はりせい=梁の高さ)300mm

IMG_0224.jpg


3間(5.5mぐらい)の長いやつです。

IMG_0225.jpg


鳶って格好いいなぁ~!
って思いました。

IMG_0229.jpg


リビングの見せ梁を取付中です。

IMG_0231.jpg


監督がもくもくと水を出してくれています。

IMG_0232.jpg


2階床の根太です。
なんとなく根太が好きになってしまいました。
監督もネダレスより根太のほうが好きだそうです。

IMG_0243.jpg


2階の段取りに入りました。

IMG_0245.jpg


クレーンで2階の材料を上げています。

IMG_0247.jpg


結構高いなぁ~
あそこまで上がると怖いかも。

IMG_0249.jpg


リビングの見せ梁

IMG_0277.jpg


E139 ウルトラ木曾ひのき (勝手に命名)

IMG_0278.jpg


E160 まぼろしの木曾ひのき(笑

IMG_0281.jpg


母屋まで出来ました。

IMG_0284.jpg


棟木が取り付けられました。
通常はベイマツですが、特注で木曾ひのきに替えました。
木曾ひのきの家って看板なので。。。
棟木は木曾ひのきにしたかったというこだわりです。

棟木の4面に、1面ずつ家族4人(+猫の足跡)で言葉を書きました。


IMG_0252.jpg


我が家の大黒柱にあたるところで、
上棟のお祈りをしました。

IMG_0262.jpg


四方と玄関を日本酒でお清めします。
南東、南西、北西、北東、玄関と回りました。
3回、日本酒をかけます。

靴にはねた日本酒は、早めに拭き取らないとシミになります。
(私はシミになりましたが。。。いい思い出です 笑)

IMG_0263.jpg


失敗したところ

かなり神経を使って、構造体をチェックしたんですが、
この駆体内換気の為の切り欠きをチェック出来ませんでした。
プレカット図にも記載されておらず、
工事監督も「あ~」って感じです。

プレカットのオペレータに任せっきりで、
チェックする体制が無いのでこういう事態が発生します。

空気を通すための切り欠きを、
何もこんなボルト穴のすぐ近くに明ける必要ないだろ~
我が家の北東の角
階段なので床が無く、地震の時に力が集中しそうな雰囲気
なんかで補強しなきゃな~

IMG_0240.jpg


これは問題外!
梁つなぎの短冊金物のとこに切り欠き作るなんて。。。

マヂで交換して!
って言い出してもおかしくない事態です。
2箇所あって、1箇所は筋交いのある耐力壁の中です。
耐力壁の中のつなぎは原則NGが軸組のセオリーです。
しかしながら、他に良い繋ぎどころが無かったので、
ここでOKとし、繋ぎ箇所の補強には細心の注意を払うように
お願いしていたのに、この切り欠きですから。。。

継手を設けると、
その部分の強度は1/10に低下すると言われています。
そんな弱いとこに切り欠き作るなんて、マヂ意味不明!
切り欠き作ったら、補強金物のビス効かないのぐらいわかるでしょ!

http://reihoku-skeleton.com/reihoku_skeleton/kouzou.html
http://www.pref.miyagi.jp/ok-doboku/G_kenchiku/%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%82%89pdf%E7%89%88/kawara77-0711.pdf


実際のところ
建て方が進行している状況では、
どうしようもないので、そのまま進めましたが、
どのように処理をするのか、しっかりチェックします。

これから建てる人のためにも、
今後、こういうことが起こらないように、
どのように改善していくのか、会社としての回答を要求します。


IMG_0242.jpg


見せ梁に根太ボンドが垂れて拭き取ったけど、
微妙に痕が残ってます。

まぁ。。直せると思うんでいいけど、
こういう事態が想定されるんだから、
見える部分はキチンと養生しなきゃ駄目だよ!

次のおうちの教訓にしてください。

IMG_0244.jpg

追記:その後

コーナーの通気用切り欠き

これは木片で埋めてもらいました。

接着材には構造用集成材に使用されるものを指定

上下の間柱を切り欠いて、通気を確保することにします。

IMG_0451 - コピー

コーナー用の補強金物も追加

tanaka-54-main.jpg

継手位置での通気用切り欠き

L=335の長い短冊金物で対応することにしました。

tanaka-56-main.jpg

あんまりスッキリしないけど。。。

名案が浮かびません。



ボンドの痕の修正にはまだ着手していません。

やってくれるって言うんだけど、

自分たちでやったほうが納得できる気がしてます。



もろもろミスもありますが、

監督は最善を尽くそうと、一所懸命対応してくれるので、

なんとかあと3ヶ月 一緒に頑張ろうと思います。

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

間柱と筋交い

やることが多すぎて、ブログの更新が進まない。。。

上棟から、順を追って写真をアップして行こうと思います。


窓の下の間柱が取り付けられました。
ここは真壁仕様です。

IMG_0285.jpg


メインビームを支える筋交いです。
45×105がダブルで入ると迫力です。
本当は、外周部の筋交いのみ桧の仕様だったんだけど、
担当K君が良い方に間違えてくれたんで (笑
ここも桧になりました。
実物を触ってみると。。。
やっぱり杉より桧の方がいい気がします。

IMG_0288.jpg


筋交いの金物です。

IMG_0290.jpg


2階の間柱の様子です。

IMG_0291.jpg


小屋組みがきれいで見とれます。

IMG_0292.jpg


火打梁がたくさん付いています。
大工さんが多すぎるだろって苦笑していました。
普通は8畳に4個で1セットぐらいを目処に取り付けます。
40畳換算だと5セットで20本ぐらいが普通なんですが、
36本取付られました。

IMG_0300.jpg

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

木工事の雰囲気1

だいぶ更新をサボってしまいましたが、写真は撮ってました。

さかのぼって時系列にそって写真を紹介します。

玄関ポーチの足下です。
ビニールは天端リスト500
http://www.njkk.co.jp/product/tape_and_packing/tenba_list/index.html
基礎と土台の気密をしてくれる部材ですが、
500ってのがつくと、500mmのシートになって、
立ち上がり部の気密と湿気にも効果がありそうです。
IMG_0306.jpg

玄関ポーチの柱です。
下に見えるのが土台ガードEX
白蟻対策品です。
IMG_0307.jpg

玄関の柱は厚みをもたせて、意匠に配慮です。
IMG_0308.jpg

玄関ポーチの天井
上がバルコニーなのでしっかりと作られています。
IMG_0310.jpg

窓の下地
IMG_0311.jpg

窓の下地
IMG_0313.jpg

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

材料テント

材料テントが設置されました。

木工事は長丁場です。
ブルーシートの養生では黴びてしまします。

敷地がある方は、設置してもらうことをお勧めします。

IMG_0328.jpg
IMG_0329.jpg

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

木工事の雰囲気2

引き続き木工事の紹介です。

土台まわりの様子ですが、二つの問題があります。

1.天端リストを上げずにネオマのための胴縁をつけている。
 これは間違いなので、やり直しになりました。
 普段、もりぞうの家を建ててない応援の大工さんが入ると、
 こういうミスも起こるのかな。。。
 やり直せばいいと言っても、
 ダイライトや土台に無駄な穴が残ります。
 無駄な穴は、防腐性能に悪影響を与えます。

2.胴縁の切り口を見てください。
 ACQという防腐材を圧力注入させているはずなのに、
 ほとんど中に染みこんでいません。
 こんなの注入材って言えるのでしょうか?
 雨に濡れて薬剤が染み出しているようです。
 塗っているものと大差ないんじゃないでしょうか?

 だいたい、防蟻性能の弱いアカマツをこんなとこに使うのも
 意味不明だと思っていましたが、注入もされていないなら論外です。

 更に言うなら、ここで断熱性能が落ちるので、
 本来はここに横胴縁を使うべきではありません。

 水切りがガタガタにならないように入れているそうですが、
 もっといい方法があるんじゃないかな?

 この部分は外壁が貼られるまで、かなりの時間、水に浸かります。
 雨が土台ガードEXに溜まるようなカタチになるからです。

 胴縁の向こう側にある土台も、当然濡れています。

 そのあたりを踏まえて、仕様の再検討したらいいと思います。

参考までに。。
ピンクのテープはネオマフォームを留めるための超強力な粘着テープです。
かなり強力なので、多用されます。

IMG_0341.jpg

大黒柱!
IMG_0342.jpg

これなんだろう?
2階の屋根の隅にシートが貼ってあります。

天井裏に吹き込むブローイングの断熱材が、
軒からこぼれないようにガードするためのものだそうです。
IMG_0343.jpg

小屋裏収納
IMG_0344.jpg

小屋裏収納
IMG_0346.jpg

床下点検口
IMG_0360.jpg

激怒した通気の為の切り欠き
なんで一番大事なとこに通気の切り欠き?
金具の穴のそばにどうして?
そんなに通気が大事なの?
だったら窓枠のとこも通気するように施工してよ!
言わなきゃやらないじゃん。

ここは階段で火打梁もないとこだよ。
通気の切り欠きはプレカット図に載っていませんでした。
監督も私もチェック出来ませんでした。

そのシステムにこそ問題があります。

外注のプレカット工場のオペレータ任せにしてるから、
こんなことが起こるのです。

マヂで深く深く反省してください。

IMG_0749.jpg

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

室内ドア

何かとやることが多く。。。

ブログの更新を思いっきりサボってしまいました。

今日の出来事。。。

2階の扉がつきました!

扉がつくと、いよいよ感が来るぅ~!!!

IMG_0891.jpg

扉は無理を言って施主支給にさせてもらいました。

ヘムロック(米つが)の無塗装品です。

左が娘の部屋の開き戸

中央がルーバーの観音扉収納

 36mmのアルダーフリー板で仕切ってもらい、
 下はチャオ(猫)のトイレを置きます。
 奥に排気口が設置され、臭気を拡散しない設計です。
 効果のほどは。。
 住んでみないとわかりませんね。

 (追記)⇒住んでみて。。。効果はバッチリです!
 

右は脱衣室の引き戸


自分たちで塗装しようと思いますが、

オスモか、ワトコか。。。

嫁が未だに悩んでいます。

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

気密測定

気密測定をしました。

IMG_0870.jpg

結果は0.68

IMG_0871.jpg

C値は1.2以下がカタログ値で、

0.7ぐらいが悪くない線ってとこみたいです。

このあたりになると、超高気密って感じですけど、

もりぞうで0.2だった人もいらっしゃるので、

まぁ。。。

悪くは無いけど、普通だねって感想です。

http://house-making.seesaa.net/article/151586461.html#more

私の見てたところ、

もうちょっと電気とか換気口の開口に気を配れば、

もっといい数値になったように思います。

もっと言えば、

電気工事に入る前に計測していれば、

もっと高い数値になったような。。。

エアコンのスリーブやら、

シャッターの電線、換気口などなど。。

もっと隙間処理に気をつかってくれればいいのに。。。

って思いもあります。

これからお建てになる方で、C値にこだわる方は、

電線、換気パイプの開口部に気密をとるグッズを使うよう

指定されると良いと思います。

不満というほどではありませんが、

もう少し手をかければ、もっと良かっただろうに。。。

っていうのが正直な感想です。

そういうところは、正直、他にもたくさんあります。

IMG_0888.jpg

例えばこういうの。。。

コーキングを途中で止めています。

2日以上経ってます。

コーキングのマスキングテープは、

固まる前に剥がすのがセオリーです。

こんな分厚く塗りたくった状態で放置して帰るなんて。。

これでキレイに仕上がるのかい?

カッター入れなきゃマスキングとれないでしょ?

ここだけボコッとなるよね。

ここ、玄関です。

家の裏や、脇の目につかないとこならまだしも、

玄関ポーチだよ。


テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

検索フォーム
タグ

もりぞう 換気 フローリング  木曾ひのき 発電 ハウスメーカー シロアリ 北側斜線 仕様 見積 断熱 契約 金額 雪止め 防火 屋根勾配 防音 勝手口 コンセント 排水 収納 雨どい ロールスクリーン 耐震設計 除湿 

リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。